CONTACT
製品情報

STORY

「シャンパーニュ・オーク太陽と土のカクテル」

フランス・シャンパーニュは内陸、深く暗い森の一角に、古くから続く現地産業として小さな樽の工房が営まれています。ワインの熟成には樽に使われる木材の成分が大きな影響力を持っており、最良とされるオークは各生産地の大切な資源として歴史的に食文化と産業を支えてきました。

ここにご紹介します特別なフローリングは、その伝統の樽工場から私達日本の建築のために企画された全く新しい建材となります。驚くべきはその比重の軽さによる温熱性、一種屋久杉を思わせる杢目と深いオレンジに傾倒する濡れ色の美しさ。オークの常識を覆すそれらの個性は遺伝子的な特殊性のみならず、いわばワインや食品におけるテロワールと称すべき、その木が育った環境によるものです。

アンティークに通じるようなエレガンス、きめの細かさと迫力、ある種インダストリアルデザインのドライな強さまでを備えたこの材を、私たちはその生産現地に敬意を表し「シャンパーニュ・オーク」と名付けました。

彼の地の土と水でなくては、あの日射でなくては成し得なかった。海を渡り、秘境へと踏み入れた人対人のエンゲージメントが形を成した。それはロマンなくしては語れない、云わば国境を越えたローカルビジネスの芽吹きでもあるのです。

生産はごく少量ずつですが、その生い立ちから空間としてのエイジングに至り文化的な厚みと美意識に溢れた建材の歴史が今、フランスから海を渡ってここ日本で産声を上げています。世界の生産者を友とし、そのプロデュースに携われたことは私たちテラシスにとって無上の誇りであり、私たちはこのシャンパーニュ・オークを自信を持ってご推薦します。

MATERIALS

top of page